広告
♪読んでくれてありがとう!
♪ニンテンドウDS おいでよ どうぶつの森仲間を探しております。是非お気軽にお声をおかけ下さい。
♪Wi-Fiで通信しましょう!うちの村は常夏の村ですwそしてフルーツは全種類あります!
♪ついでにランキングも協力して下さい(_お_)
   ↓   ↓
検索でのランキングアップ
人気blogランキング

2008年05月03日

蘇生

いったん死んだ人間が生き返るということは、昔から世界中で起こっていることである。

一般的に死んだ人間が蘇生する可能性があるのは、死んでから8分以内だと言われている。が・・世の中にはその時間を大幅にオーバーしながらも息を吹き返した人がいるのも事実である。

例えば1966年、アメリカのコネチカット州で、アンチ・ムーアという42歳の女性が心臓病で死に、土葬という形で墓に埋葬されたが、3日後に墓の中から奇怪な叫び声が上がっていたので墓を掘り起こしてみると、彼女は棺の中で生き返っていた。


また、1968年、イギリスのアーノルド・サイクスという男性は心臓発作で死んだが、14時間後に生き返り、イギリス中の注目を集めたという。

1866年、ニューヨーク・ブロンクス市立病院で死を宣告されたモーティ・ファンチャーは、その時、臨終状態で・・瞳孔が完全に開き、脈拍もほとんどなく、体温も極度に低下している状態で、普通だったら完全に1分以内に死ぬ状況だったが、そのままの状態でかすかな呼吸を続け、なんと9年間、食事も排泄もせず生き続け、1875年に蘇生している。

また、カナダのトロントの病理学者のジョン・ラルーが、オンタリオ州の数百の墓を掘り起こし、死体が埋葬された後の状態を調査したことがあった。

そしてそれぞれの棺を開けてみると、実に奇怪なことに20体に1体の割合で、死体の向きが変わっていたり、外に出ようと必死にもがいた形跡があったり、手を頭の上に持っていっている死体があったという。

これは、20人に一人の割合で、墓の中で生き返ったということを如実に証明していると言えるのではないだろうか。
posted by 雪魔王 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 怪奇/事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
■ デイトレードレポート:デイトレードのメリット・デメリット 2/5 ■ デイトレードニュース:岡三HDがネット専業証券設立「岡三オンライン証券」 1/24 ■ デイトレーダーインタビュー:1Tick抜きデイトレード手法(森田氏) 1/22 ■ オンライン放送「デイトレードTV」 (毎月第2、第4火曜日放送) ■ デイトレーダーコンサルティング ■ 最新レポート!「ボラティリティとトレード範囲」 ■ 最新レポート!「日経平均先物のボラティリティとトレード戦略」 ■ 連載!「第3回 移動平均線を使用したバックテストA」 ■ デイトレーダー注目の書籍! ■ これ読んで学んでね!投資関連 雑誌・書籍無料プレゼント!限定先着順!終了 セミナー情報 セミナー風景1 セミナー風景2 協会主催 デイトレ(デイトレード)セミナー・講習会! 講師が実際の売買を行いながら講義するリアルタイムデイトレードセミナーや実際の売買訓練を行うマンツーマン講習を開催! ・ 日本株トレードスクール ・ デイトレーダーコンサルティング ・ 少人数制 為替ゼミ ・ 日本株デイトレーダー養成講習(60時間+テスト)  ・ 日本株実践デイトレードセミナー(6時間) ・ オンライン放送「デイトレードTV」(毎月第2、第4火曜日放送) ・ 過去のセミナー・イベント デイトレードニュース ■ デイトレードレポート:デイトレードのメリット・デメリット 2/5 ■ デイトレードニュース:岡三HDがネット専業証券設立「岡三オンライン証券」 1/24 ■ デイトレーダーインタビュー:1Tick抜きデイトレード手法(森田氏) 1/23 ■ カブドットコム証券とMeネット証券が合併〜口座数業界3位に〜 ■ マネックス証券 日興ビーンズ証券 合併に向けサービスを拡充! ■ 7月30日(金)21:00〜投資情報バラエティー番組「じゃぱねっと株だ!」に出演 ■ 株、為替、先物、OPもこれひとつで取引可能!次世代ソフト「SEGトレード」! ■ 当協会理事長 砂田共著 「TOP TRADERS 2004 プロの投資術 ■ 4/1 OPEN!トップトレーダーズスクエア(TTS) ■ 個人投資家のためのディーリングルーム!リテラ・クレア証券「ハイパーブース」! ■ 年末、金融業界最大のイベント!「ゼッタイリターンセミナー2」開催! ■ 11/17(月) Financial Times に当協会が紹介されました。 ■ 10/7(15:31) 日経QUICKニュースで当協会のコメントが掲載されました。 ■ 9/21(日)日本経済新聞に当協会が紹介されました。 ■ ネット配信マーケット&ニュース「MiD Live プレミア」・「Beans Market TV」登場! ■ 当協会理事長が8/12(火)テレビ東京「クロージングベル」生出演しました。 ■ 7/13(日) 日本経済新聞(一面の記事中)に当協会が紹介されました。 ■ 日興ビーンズ証券「Beans Market Walker」バージョンアップ! ■ 7/23〜26 米国 THE INTERNATIONAL TRADERS EXPO 開催! ■ 為替デイトレード!GFT社 ついに日本語ソフト・円建て・国内送金開始! ■ エコノミスト「投資の達人」に連載開始! ■ 新証券税制について(金融庁ホームページ)  ■ 3/2(日)の朝日新聞に当協会が紹介されました。  ■ 毎日新聞社「エコノミスト 投資の達人」に紹介されました。 ■ ロイタ−・ジャパン発行「TRADER web Magazine」インタビュー記事 ■ 日興ビーンズ証券「Beans Market Walker」がパワーアップ!(当協会協力) ■ 当協会理事長砂田が日本証券新聞にて連載開始!(2003/7/3現在 第40回)
● LW式をマスターすると、トレードがギャンブルではないことが分かってきます。 ● 値動きが手に取るように分かるようになるので、エントリー&エグジットの失敗が格段に減るようになります。 ● 損切りを徹底することでリスクを最小限に留められるようになります。 ● トレードで最も大切なことは心理的側面をコントロールすることですが、それには自分のシナリオに自信を持っていることが必要です。LW式をマスターすることで、徐々に自分のシナリオに自信がもてるようになってきます。 ● 銘柄選択にはある種の運が左右しますが、売買技術に運はありません。技術さえ身に付けば、どのような銘柄を相手にしてもコンスタントに実を取っていけるのです。 ● 売買は、銘柄ではなく技術です! ● LOVEWHISKYは、ご自身での銘柄選択を手助けするだけでなく、その貴重な売買技術を余すことなく伝授します! 詳細はこちら NEWS & TOPICS ● LW登場のランキング本(飛鳥新社)「株名人はズバリこの人!」が発売中!!…(05/12/15) ● LW登場のムック本(廣済堂出版)「資金3万円でOK!7日間で儲かるネット株レッスン!」が発売中!!…(05/09/05) ● LW登場の単行本(廣済堂出版)「株単400―「株ネット取引」最新用語辞典 (2005年版)」が発売中!!…(05/04/30) ● LW登場のムック本(SBパブリッシング)「カリスマ最強株投資法―カリスマ投資家10人の投資手法を一挙紹介!」が発売中!!…(05/03/16) ● LWのムック本(廣済堂出版)「LOVEWHISKYの株デイトレ30銘柄必勝ノート 」が発売中!!…(04/12/03) ● LW登場のムック本(廣済堂出版)「 1日4万円儲かる!株スピード投資」が好評発売中!!…(04/09/02) ● LW登場のムック本(別冊宝島)「相場が上がっても下がっても儲かる デイトレ株 厳選50」が好評発売中!!…(04/04/28) ● LW監修のムック本「株デイトレで大儲け」(楽天ブックス)(アマゾン)が2月25日(水)発売!!にLWが登場!…(04/02/23) ● プレジデントビジョンにLWのインタビュー記事が出ています。Vol.67〜73です。…(03/10/30)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。