広告
♪読んでくれてありがとう!
♪ニンテンドウDS おいでよ どうぶつの森仲間を探しております。是非お気軽にお声をおかけ下さい。
♪Wi-Fiで通信しましょう!うちの村は常夏の村ですwそしてフルーツは全種類あります!
♪ついでにランキングも協力して下さい(_お_)
   ↓   ↓
検索でのランキングアップ
人気blogランキング

2006年05月24日

やっぱりDSかなー

今新しいゲームが出てきたので、
ちょぼちょぼサイトを回ったりお試し版をやったりしています。
一番面白いのは間違いなくマリオだねw。
多分買うでしょう。
やっぱりDSがゲームとしては一番面白いんだよね。

Wii(ウィー)に関してなんだけど、
私の定価の予想は29800円。
もしかしたらPS3を意識して、PS3の半額以下にするかもしれません。
そしてWiiならプレステ3が2台買える!
って売りに出すかもしれませんw
ちなみにドラクエはウィーで、FFはプレステで続編が出ます。
もうすでにFF13は画面も出してますね。

とりあえず、

「こんなんFFじゃねーw!!!」

何だよ、あのCLAMPを意識した衣装は。
もはや完全に媚びへつらうだけのゲームに成り下がりましたな。

でも1つだけありがとうと言えます。
これ見たおかげでプレステ3を買う気が一気になくなりましたw
たぶんプレステ3が我が家に来ることはないでしょう・・・・。
posted by 雪魔王 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

ツンデレはもう古い。これからは素直シュールだ・・・っていったい何?

【ファンキー通信】ツンデレはもう古い!? 「素直シュール」が萌える理由

 「メイド」「ツンデレ」に続けとばかりに、新たな萌え属性が発見されている昨今。特に後者のツンデレは大人気で、先日、居酒屋で「べ、別にアンタのためにお酌してるんじゃないんだからね!」と言いながらお酌するOLさんを発見した。冗談なのか本気なのか、真意は定かではないが、お酌されているオヤジの顔はデレデレであったぞ。

 しかし、流行を追いかけるならばツンデレはもう古い。今、旬なのは素直でシュールな娘、略して「素直シュール」だ。新しい話題には事欠かない巨大掲示板「2ちゃんねる」内の「ニュース速報(VIP)板」で生み出されたこの属性、あまりの人気に「まとめサイト」が立ち上がるほどの熱狂ぶりである。ちょっと簡単に概要を説明すると、「高度な知性によって、自分の好きな男性に素直でシュールな手段で愛情表現をする。また、その反応を楽しむ性格」となるらしい。この場合の「シュールな手段」とは、「不明瞭及び不可解な言動、意図的もしくは無意識的な、会話のはぐらかしなど」を指すとのこと。

 う〜ん、この説明だといまいちイメージがつかみづらいかも。そこで、「素直でシュールな娘 まとめサイト」の管理人さんに「具体的なイメージを提示していただけませんか?」とお願いしてみた。

 「ドラマ『TRICK』で仲間由紀恵が演じた山田奈緒子や、南海キャンディーズのしずちゃんなどが該当すると思います。ビジュアルイメージのみを重視しますと、遠藤久美子が役的にピッタリですね」(まとめサイト管理人)

 素直シュールはなぜ萌えるのでしょうか?

 「相手を振り回しながらも一途ですし、普段は突飛な言動をして困惑させるのに、ある日突然甘えてきたりする『ギャップ』がポイントです。次の行動が予測不可能なので、見ていて飽きませんしね。まだまだ魅力はたくさんありますよ。主に10代後半〜20代前半で普通の女性に飽きた人、または柔軟で大人の思考を持った人に支持されています」(同)

 なるほど。つまり、素直シュールもツンデレも、萌える要因はほぼ一緒、「ピュアであるがゆえの不器用さ加減」にあるわけだが、素直シュールはより珍しいものを好む男性たちに人気を博しているということだろう。

 ちなみに似た語源の萌え属性として、「素直クール」というものも存在する。こちらは「自分の思ったことを素直に表現するが、いつもクールである」ということを意味するらしい。素直シュールも元々は素直クールの派生語であるそうなので、覚えておいて損はないかも。(安田明洋/verb)
posted by 雪魔王 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そもそもウィーって言ったらハンセンだろ〜

今回のウィーって名前もかつての「ニンテンドー64」の名前、
「ウルトラ64」なみにださいし、非難ごうごうですね。
ちなみにウルトラ64はあまりにも文句が多く、
正式発表後に「ウルトラ64」を撤回し、「ニンテンドー64」に名前がかわったという経緯があります。
今度もそうなるのではないのでしょうか?
レボリューションに戻すべく、みんな投書しましょう。
ウィーはハンセンの独占契約ですってw。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
PS3、Wii向けの新規タイトルを複数発表「FF XIII」はPS3向けに、「DQ」最新作はWiiに投入

株式会社スクウェア・エニックスは、Electronic Entertainment Expo(E3) 2006の開催に先駆け、前々日に当たる5月8日(現地時間)、ハリウッド中心部にあるHollywood Palladiumにおいてプレスカンファレンスを開催した。「様子見」を宣言した昨年に比べ、今年は質、量共に圧倒的なボリュームで次世代機向けを含む、新作未発表のタイトルを多数発表し、次世代機時代の戦略を明確に指し示して見せた。まずは、「ファイナルファンタジー XIII(サーティーン)」をはじめとした次世代機向け新規タイトルから紹介していく。

■ 3つのラインナップで同時進行する「ファイナルファンタジー XIII」フランチャイズ“FABULA NOVA CRYSTALLIS”プロジェクト

 エグゼクティブプロデューサーの橋本真司氏より、発表会の後半に「最後に」と紹介されたのが「ファイナルファンタジー XIII」である。「全力を挙げて取り組んでいるプロジェクト」と紹介され、まず初めにタイトル名は伏せられたまま、短い映像が流された。

 映像は明らかに次世代機向けとわかるハイデフ映像で、列車が空中を走る未来都市に、機械化したモンスターや武装した兵士などが点描され、映像のスピード感とオーバーラップして主人公が疾走していく。主人公が男か女かすら定かではないが、ところどころ挿入されたインゲームムービーでボーイッシュなヒロインであることがわかる。ヒロインは、ウェポンを自在に変形させて銃撃したり、剣で敵をなぎ払ったり、手からサイオニックパワーのようなエネルギーを放って敵の包囲網を突破していく。

 一見して、SFの世界観であることがわかるが、しかし、これが「ファイナルファンタジー」シリーズの最新作、ましてや「XIII」だとは、タイトルが表示されるまで確信が持てなかった。映像の最後に「ファイナルファンタジー XIII」のタイトルロゴが表示されると、会場は大きな歓声に包まれた。

 短いインゲームムービーで見た限りでは、バトルシステムは「FF XI」、「FF XII」の流れを踏襲するリアルタイムバトルを採用している。ただし、ジャンプ攻撃や体術のたぐいなど、純粋なアクションゲームと言っても通用するほどアクション性が高く、「FF XI」、「FF XII」とはまったくの別物、新世代の「ファイナルファンタジー」となっている。

 さて、映像終了後、橋本氏は、「ファイナルファンタジー XIII」の制作発表を宣言すると同時に、提供プラットフォームをプレイステーション 3としたことを発表した。主要スタッフは、プロデューサーは「FF X」を担当した北瀬佳範氏、ディレクターは「FF X-2」を担当した鳥山求氏、キャラクターデザイナーは野村哲也氏、コンポーザーは浜渦正志氏、テーマソング作曲は植松伸夫氏と、「FF X」チームを主力とした万全の体制が整えられている。

 橋本氏に紹介されて壇上に上がった「FF XIII」プロデューサーの北瀬佳範氏によれば、「ファイナルファンタジー XIII」はもともとPS2向けに開発していたという。昨年のE3で公開した「FF VII テクニカルデモ」の開発を契機に、次世代機の洗礼を受けてすべて破棄し、次世代機向けに新生「ファイナルファンタジー XIII」の開発をスタートさせたという。開発にあたっては、専門のテクニカルチームを編成し、描画エンジン、物理演算、モーション、シネマティックス、エフェクト、サウンドなどの基本ライブラリをすべて0から作り直し、基本ライブラリの集合体である“White Engine”をベースにPS3向けに一から新しく作り直しているという。北瀬氏は、「FFの名を冠する以上、対応ハードの性能を極限まで使い切ることを命題に、今後、さらなるクオリティアップへの挑戦を続けていきますのでどうぞご期待ください」と抱負を述べた。

 続いて壇上に上がったディレクターの鳥山求氏は、「ファイナルファンタジー XIII」の基本概要を紹介。「ファイナルファンタジー XIII」は、FFシリーズの中でももっとも文明度が進んだ未来の世界を舞台にしており、クリスタルが導く、魔法とテクノロジーが融合し、進化した誰も見たことのない未来世界。そこで生きる人間たちの物語がベースになっている。舞台設定を未来にしたのは、ただ単に世界観が未来というだけでなく、「PS3という未知の次元のハードウェアで遊べる新しいFFの誕生」という意味も含めており、シリーズを通して高い評価を受けている映像表現だけでなく、「バトルシステムやストーリー、プレイスタイルにおいても進化を遂げつつある」と抱負を語った。

 ここで再び壇上に上がった橋本氏は、「『ファイナルファンタジー XIII』はひとつだけでありません」と謎かけを行なった。謎かけの答えは、スクウェア・エニックスが推進するコンピレーション化だった。「ファイナルファンタジー XIII」のコンピレーションは、「ファイナルファンタジー ヴェルサス XIII」、「ファイナルファンタジー アギト XIII」と続く。現時点では残念ながらいずれもプリレンダームービーのみの公開にとどまった。具体的なゲームデザインについては続報を待つ必要がありそうだ。

 「ファイナルファンタジー ヴェルサス XIII」は、「キングダムハーツII」と「FF VII アドベントチルドレン」の開発チームが担当し、プロデューサーは橋本真司氏、ディレクターは野村哲也氏が担当する。“ヴェルサス”とはラテン語で“向きを変える”の意。対応プラットフォームは、「FF XIII」本編と同様、プレイステーション 3となっている。

 ひときわ大きな拍手で壇上に迎えられた野村哲也氏は、ゲーム内容については、「アクション要素の高いものを考えている」と報告。「世界観は現代的、物語としては絆をテーマとした痛みを感じるリアルなキャラクタを描いていくつもりです。今回の作品は、これまで自分たちが積み上げてきた作品性のひとつの完成形になると思っている」と抱負を語った。野村氏によれば、プリレンダームービーは「アドベントチルドレン」チーム、ゲーム部分は「キングダムハーツ」チームが担当するということで、「ファイナルファンタジー XIII」本編に勝るとも劣らぬクオリティの大作になることが予想される。こちらも要注目のタイトルだ。

 「ファイナルファンタジー アギト XIII」は、次世代携帯電話向けに開発が進められているモバイルゲームで、オンラインプレイに対応する。“アギト”はラテン語で“行動を起こすこと”の意。ディレクターは、「BEFORE CRISIS FINAL FANTASY VII」を担当した田畑端氏。田畑氏によれば、アギトそのものが開発コンセプトを示しており、新しいタイプのオンラインゲームを目指しているという。

 また、携帯電話ならではのシステムも意欲的に取り入れていくという。例として、ロケーションフリーな通信性を活かしたパーティープレイを挙げた。イメージとしては、その場その場でパーティーを組み、敵と戦うようなシステムだという。そのほかにも携帯電話の技術進化に対応した新システムも盛り込んでいくという。

 こうした「ファイナルファンタジー XIII」フランチャイズは、共通したひとつの神話を下敷きとしており、このベースから自由にインスピレーションを広げ、独自の作品として展開していく。橋本氏によれば、この新しいコンピレーションプロジェクトをラテン語で“新しいクリスタルの物語”を意味する“FABULA NOVA CRYSTALLIS(ファブラ ノヴァ クリスタリス)”と呼び、今後、平行する複数のタイトル群をもってプロジェクト構成していくということだ。

■ 「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」は任天堂次世代機“Wii”に独占供給

 スクウェア・エニックスは、任天堂の次世代機“Wii”にも新規タイトルを複数投入する。

 1 本目は、「ドラゴンクエスト」シリーズ最新作「ドラゴンクエストソード仮面の女王と鏡の塔」。発表内容は、“Wii”のローンチタイトルであることと、“Wii”のアナログコントローラの性能を活かしたイメージ映像のみ。イメージ映像では、おなじみのメインテーマをバックに、Wiiのコントローラを剣に見立てて、ゴーレムに斬りつけるシーンなどがあり、2003年に発売した体感ゲーム「剣神ドラゴンクエスト 甦りし伝説の剣」の路線を継承したものと見られる。

 エグゼクティブプロデューサーを務める三宅有氏は、「任天堂の新型機“Wii”は、『ドラゴンクエスト』の魅力であるわかりやすさ、自分が主人公に、という点で究極の形で表現することを可能にしてくれました」と、特異な形状、独創的な性能を備えたWiiのアナログコントローラの持ち味を最大限に活かしたゲームであると紹介。「『ドラゴンクエストソード』では、自分が主人公になるということに加え、体感する物語を実現します。“Wii”と同時発売を目指して頑張っております。ご期待ください」と抱負を述べた。

 「ドラゴンクエストソード仮面の女王と鏡の塔」は、期待されたナンバータイトルではないものの、シナリオ・ゲームデザインは堀井雄二氏、キャラクタデザインは鳥山明氏、音楽はすぎやまこういち氏とおなじみの顔ぶれが揃っている。また、欧米人が多くを占める会場でも大きな拍手に包まれた。「ドラゴンクエストソード」は、日本人以上に、欧米人が好むゲームデザインのRPGと言えるかもしれない。

 2本目のWiiタイトルが「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」シリーズ最新作「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクルクリスタルベアラーズ(仮称)」。また、ニンテンドーDS向けにも「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクルリング・オブ・フェイト(仮称)」を投入する。

 「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクルクリスタルベアラーズ」に関しては、エグゼクティブディレクターは河津秋敏氏、ディレクターは板原俊之氏が担当。登壇した板原氏は、「任天堂の革新的なハード“Wii”を手に入れた私たちは、RPGの伝統を継承しながらも、斬新なゲーム性と、ライブ感覚あふれるグラフィックスで再現される、まさに次世代のファイナルファンタジーを目指して制作を進めております」と挨拶。

 残念ながら具体的なゲーム要素については触れなかったが、「遊ぶこと、楽しむことはそのままに、ゲームのあり方をがらりと変えることをお約束します」と力強くコメント。こちらも「ドラゴンクエストソード」と同様にWii のコントローラの新機能に着想を得た新しいタイプのRPGになるようだ。
posted by 雪魔王 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

世界不思議発見

・ギザの大ピラミッド
・バビロンの空中庭園
・ロードス島の巨人像
・オリンピアのゼウス像
・ハリカルナッソスの霊廟
・エフェソスのアルテミス神殿
・アレクサンドリアの大灯台
・ノルフェアの遺跡
・マリーディアの巨大海ヘビ
・難破船の亡霊
・クレテリアの鳥人像
・ブリンスタの巨大植物
・復活したツーリアン
posted by 雪魔王 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

上から読んでも横から読んでも・・・

長井秀和
井上和香
−−−−−−−−
沢田研二
田宮二郎
−−−−−−−−
小田和正
田村正和

なんか他にないっすかね?

posted by 雪魔王 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
■ デイトレードレポート:デイトレードのメリット・デメリット 2/5 ■ デイトレードニュース:岡三HDがネット専業証券設立「岡三オンライン証券」 1/24 ■ デイトレーダーインタビュー:1Tick抜きデイトレード手法(森田氏) 1/22 ■ オンライン放送「デイトレードTV」 (毎月第2、第4火曜日放送) ■ デイトレーダーコンサルティング ■ 最新レポート!「ボラティリティとトレード範囲」 ■ 最新レポート!「日経平均先物のボラティリティとトレード戦略」 ■ 連載!「第3回 移動平均線を使用したバックテストA」 ■ デイトレーダー注目の書籍! ■ これ読んで学んでね!投資関連 雑誌・書籍無料プレゼント!限定先着順!終了 セミナー情報 セミナー風景1 セミナー風景2 協会主催 デイトレ(デイトレード)セミナー・講習会! 講師が実際の売買を行いながら講義するリアルタイムデイトレードセミナーや実際の売買訓練を行うマンツーマン講習を開催! ・ 日本株トレードスクール ・ デイトレーダーコンサルティング ・ 少人数制 為替ゼミ ・ 日本株デイトレーダー養成講習(60時間+テスト)  ・ 日本株実践デイトレードセミナー(6時間) ・ オンライン放送「デイトレードTV」(毎月第2、第4火曜日放送) ・ 過去のセミナー・イベント デイトレードニュース ■ デイトレードレポート:デイトレードのメリット・デメリット 2/5 ■ デイトレードニュース:岡三HDがネット専業証券設立「岡三オンライン証券」 1/24 ■ デイトレーダーインタビュー:1Tick抜きデイトレード手法(森田氏) 1/23 ■ カブドットコム証券とMeネット証券が合併〜口座数業界3位に〜 ■ マネックス証券 日興ビーンズ証券 合併に向けサービスを拡充! ■ 7月30日(金)21:00〜投資情報バラエティー番組「じゃぱねっと株だ!」に出演 ■ 株、為替、先物、OPもこれひとつで取引可能!次世代ソフト「SEGトレード」! ■ 当協会理事長 砂田共著 「TOP TRADERS 2004 プロの投資術 ■ 4/1 OPEN!トップトレーダーズスクエア(TTS) ■ 個人投資家のためのディーリングルーム!リテラ・クレア証券「ハイパーブース」! ■ 年末、金融業界最大のイベント!「ゼッタイリターンセミナー2」開催! ■ 11/17(月) Financial Times に当協会が紹介されました。 ■ 10/7(15:31) 日経QUICKニュースで当協会のコメントが掲載されました。 ■ 9/21(日)日本経済新聞に当協会が紹介されました。 ■ ネット配信マーケット&ニュース「MiD Live プレミア」・「Beans Market TV」登場! ■ 当協会理事長が8/12(火)テレビ東京「クロージングベル」生出演しました。 ■ 7/13(日) 日本経済新聞(一面の記事中)に当協会が紹介されました。 ■ 日興ビーンズ証券「Beans Market Walker」バージョンアップ! ■ 7/23〜26 米国 THE INTERNATIONAL TRADERS EXPO 開催! ■ 為替デイトレード!GFT社 ついに日本語ソフト・円建て・国内送金開始! ■ エコノミスト「投資の達人」に連載開始! ■ 新証券税制について(金融庁ホームページ)  ■ 3/2(日)の朝日新聞に当協会が紹介されました。  ■ 毎日新聞社「エコノミスト 投資の達人」に紹介されました。 ■ ロイタ−・ジャパン発行「TRADER web Magazine」インタビュー記事 ■ 日興ビーンズ証券「Beans Market Walker」がパワーアップ!(当協会協力) ■ 当協会理事長砂田が日本証券新聞にて連載開始!(2003/7/3現在 第40回)
● LW式をマスターすると、トレードがギャンブルではないことが分かってきます。 ● 値動きが手に取るように分かるようになるので、エントリー&エグジットの失敗が格段に減るようになります。 ● 損切りを徹底することでリスクを最小限に留められるようになります。 ● トレードで最も大切なことは心理的側面をコントロールすることですが、それには自分のシナリオに自信を持っていることが必要です。LW式をマスターすることで、徐々に自分のシナリオに自信がもてるようになってきます。 ● 銘柄選択にはある種の運が左右しますが、売買技術に運はありません。技術さえ身に付けば、どのような銘柄を相手にしてもコンスタントに実を取っていけるのです。 ● 売買は、銘柄ではなく技術です! ● LOVEWHISKYは、ご自身での銘柄選択を手助けするだけでなく、その貴重な売買技術を余すことなく伝授します! 詳細はこちら NEWS & TOPICS ● LW登場のランキング本(飛鳥新社)「株名人はズバリこの人!」が発売中!!…(05/12/15) ● LW登場のムック本(廣済堂出版)「資金3万円でOK!7日間で儲かるネット株レッスン!」が発売中!!…(05/09/05) ● LW登場の単行本(廣済堂出版)「株単400―「株ネット取引」最新用語辞典 (2005年版)」が発売中!!…(05/04/30) ● LW登場のムック本(SBパブリッシング)「カリスマ最強株投資法―カリスマ投資家10人の投資手法を一挙紹介!」が発売中!!…(05/03/16) ● LWのムック本(廣済堂出版)「LOVEWHISKYの株デイトレ30銘柄必勝ノート 」が発売中!!…(04/12/03) ● LW登場のムック本(廣済堂出版)「 1日4万円儲かる!株スピード投資」が好評発売中!!…(04/09/02) ● LW登場のムック本(別冊宝島)「相場が上がっても下がっても儲かる デイトレ株 厳選50」が好評発売中!!…(04/04/28) ● LW監修のムック本「株デイトレで大儲け」(楽天ブックス)(アマゾン)が2月25日(水)発売!!にLWが登場!…(04/02/23) ● プレジデントビジョンにLWのインタビュー記事が出ています。Vol.67〜73です。…(03/10/30)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。